人気の旧車會のバイクについてご紹介!

旧車會のバイクといえば音職人!

旧車會のバイクといえば音職人! 一昔前だと大きな音で走行する二輪車は暴走族だと後ろ指をさされがちでしたが、昨今では静かなエンジン・マフラー音のマシンが増えてそのような喩えをされることはめっきり減りました。
しかし、全国最大規模のライダー同好会である旧車會では以前のような爆音を奏でるバイクを愛する方々が一堂に会しており、思い思いいカスタマイズをしたマシンでイベントに参加をしています。
チャルメラのラッパ音や汽笛のような甲高い音を発するバイクは、マフラー部分に仕掛けをするのが基本です。
この仕掛け装置を考案するのが音職人と呼ばれる方々で、旧車會では音職人の腕を競うコンテストも開催されているほどです。
エアーブロッカーというパーツを取り付けて排気能力に見合った音を増幅させますが、このパーツは販売されていないので自身でパイプの加工からすべて行わなくてはいけません。
高い技量と必要とするので旧車會ではライダー活動だけでなくパーツ販売をする方もいます。

旧車會で行われるバイクコールの上手なやり方

旧車會で行われるバイクコールの上手なやり方 旧車會とは古いバイク(旧車)に独自の改造を施して、昔の暴走族を模したスタイルや雰囲気を楽しむ団体のことです。
旧車會では独自のリズムでエンジンを空ぶかしする、コールが頻繁に行われます。
やり方は様々ですが、初心者の場合にはまずは基本的な方法をマスターしましょう。
最も基本的なリズムは「タン・タタ・タン・タン」です。
これはエンジンがかかった状態で、手首でアクセルを素早く回すことで簡単に再現できます。
その他の基本的なリズムには「タン・タタ・タン」「タタタン・タタタン」などがありますので、これらも練習してみてください。
さらに上級のテクニックには、アクセルに合わせてクラッチを開閉するやり方があります。
アクセルを開くタイミングでクラッチをつなぐ(ギヤはニュートラル)ことで、「ター」という長い音を出すことができるのです。
このテクニックを習得すると「タータタ・タタ・タン」などのようなコールができますので、基本テクニックを習得した人の次のステップとしておすすめします。

新着情報

◎2020/11/13

初めてでも乗りやすいバイク
の情報を更新しました。

◎2020/8/27

有名ショップの過激バイクの特徴
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「バイク コール」
に関連するツイート
Twitter